スポンサードリンク

バルクオム(BULK HOMME)は「SIMPLE & LUXURY」を製品開発コンセプトとして開発した男性向けのスキンケアブランドです。

  • THE FACE WASH(洗顔料)
  • THE TONER(化粧水)
  • THE LOTION(乳液)

の3種類の製品があります。

今回はバルクオムの効果と口コミを交えて紹介します。

バルクオムって?

バルクオム(BULK HOMME)は株式会社バルクオムの男性向けスキンケアブランドです。

製品開発コンセプトは「SIMPLE & LUXURY」(シンプルかつ豪華)が製品開発コンセプトです。バルクとは製品の「中身」を指す美容業界の用語です。

素材に上質なものを使うために、余分な成分を使わず、包装も簡単にして製品の中身(バルク)で顧客の期待に応えることから社名とともにブランド名としています。

ちなみにオムはファッションで男性用を指します。

  • 発売開始は2013年4月で、
  • 洗顔料「THE FACE WASH」
  • 化粧水「THE TONER」
  • 乳液「THE LOTION」

の3種類のラインナップで始まりました。

2014年12月に高機能日焼け止め「THE SUNSCREEN」を発売、2015年12月に「THE BODY WASH」が発売となっています。

バルクオムの効果とは?

THE FACE WASH

THE FACE WASHはバルクオムブランドの洗顔料です。マシュマロのような柔らかい泡を特徴としています。

洗顔料を泡立てネットで包み込むと柔らかな白い泡ができます。泡で洗う洗顔料をキャッチコピーにしています。

皮膚は油脂から適度な脂分を供給することにより、皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保つよう働きます。これをエモリエント効果と呼びます。エモリエント(emollient)とは皮膚を軟化するという意味ですが、化粧などでは上記の意味で用います。

THE FACE WASHは汚れをとり、エモリエント効果を保つような配合になっています。男性用の洗顔剤では、顔のテカリをとるために皮脂も取り除くような強力なものもあります。

しかし、洗顔により皮脂を失うと、皮脂腺からの皮脂が増えて、洗った直後はいいですが、結局テカリが戻ってしまう場合があります。 洗顔には泡で洗浄することが最適です。お湯だけでは汚れは取れません。

セッケンをそのまま顔にこすりつけると肌との摩擦が増えて皮膚を傷つけてしまいます。

THE TONER

高い保湿力と男性が求めるサラサラと使用感を実現した化粧水です。研究段階では都内の20~39歳の男性100名にどの商品か分からないようにして、使用感などの項目で順位付けを行ったところ、すべての項目で「THE TONER」が1位を獲得しています。

THE LOTION

化粧水と同じコンセプトで開発したのがTHE LOTIONです。男性ではべたべた感から、乳液までは使うヒトが少なくなっています。THE LOTIONでは潤い成分に工夫を加えて、べたべた感を極力抑えています。

THE SUNSCREEN 女性用の日焼け止めは、化粧落としの際に強力な洗浄を行うので、シリコンやオイルを使用可能です。しかし、男性の場合には、化粧落としを行わないヒトが多いので、強い日焼け止め効果を保つのは難しいものです。 THE SUNSCREENの場合には、シリコンやオイルでない新しい工夫により、皮脂によって取れにくく、セッケンで洗い落とせる日焼け止めを開発しました。

THE BODY WASH 泡で洗う、男性用のボディウォッシュです。男性特有に臭いなどに工夫を行っています。

口コミ 「THE FACE WASH」、「THE TONER」、「THE LOTION」がバルクオムとしてメンズ雑誌やメディアが取り上げたことから、女性の化粧品の口コミを集めた@コスメでもバルクオムの評価が上がっています。 THE FACE WASH 口コミ数は少ないですが、主人用購入したものを使ってみたら意外と良いという評価が多かったです。

女性には毎日というヒトと週1のスペシャルケヤに取り入れるという意見がありました。 THE TONER 男性にプレゼントをしたものを自分で使ってみたヒトの口コミが乗っていました。

今まで使っているものに比べて保湿感が物足りない感じがするとの最初の感想も、時間が経っても気持ちよく潤っているという口コミがありました。 THE LOTION べたつかずに、きちんと潤うというコンセプトが女性に通じているとした口コミがありました。

美容品の関連記事
  • バルクオム口コミ・評価は嘘?ニキビ跡に効果なし?
おすすめの記事
生活
三人に一人が65歳以上という超高齢化社会が進んでいる日本。そんな中で最近よく耳にする言葉「ロコモティブシンドローム」というものがあります。 ...